【10月2日~28日】企画展示「認知症を身近に感じよう」

公開日 2018年09月25日

認知症に関する本やパネルを展示します

三鷹市では、認知症のかたが住み慣れた地域で、いつまでも安心して、自分らしく暮らせるまちを目指して『認知症にやさしいまち三鷹』の取り組みを進めています。
今回、認知症啓発活動の一環として、高齢者支援課と三鷹図書館(本館)の共催で、認知症に関する図書の展示や貸出しのほか、パネル展示等を行います。ぜひ三鷹図書館にお立ち寄りください。

期間

平成30年10月2日(火曜日)から10月28日(日曜日)まで

場所

三鷹図書館(本館) 玄関ホール

内容

認知症に関する図書の展示と貸出し、パネルの展示をします。

あなたも認知症サポーターになろう!

認知症サポーター養成講座を三鷹図書館(本館)にて開催します。
認知症サポーターとは何か特別なことをする人ではなく、認知症を正しく理解して認知症の人や家族を温かく見守る応援者です。
あなたも認知症を知る第一歩として、認知症サポーター養成講座を受講してみませんか?

日時

平成30年10月20日(土) 午後2時から午後3時30分まで

場所

三鷹図書館(本館)2階 第一集会室

内容

認知症について、認知症の人への接し方など。

申し込み・お問い合わせ

  • 電話にて事前申し込み
  • 先着30名まで
  • 受講料は無料

高齢者支援課 高齢者相談係  電話 0422-45-1151 内線2622~2624