三鷹についてのレファレンス事例集

  • 質問:吉村昭について知りたい

    回答:小説家。昭和44(1969)年から三鷹市井の頭に住み、平成18(2006)年死去。妻は小説家津村節子。昭和41(1966)年、『星への旅』で太宰治賞受賞。主な作品に『戦艦武蔵』『深海の使者』『ほふぉん・しいほるとの娘』『破獄』等。

    詳細はこちら

  • 質問:津村節子について知りたい

    回答:小説家。昭和44(1969)年から、三鷹市井の頭に住む。昭和40(1965)年『玩具』で、芥川賞受賞。主な著作は『さい果て』『流星雨』『智恵子飛ぶ』『紅梅』等。平成27(2015)年、女性として三鷹市初の名誉市民となる。

    詳細はこちら

  • 質問:三鷹市名誉市民について知りたい

    回答:現在、武者小路実篤氏(小説家)・山本有三氏(作家、劇作家)・鈴木平三郎氏(第3代三鷹市長)・福王寺法林氏(日本画家)・古在由秀氏(天文学者、元国立天文台長)・宮﨑駿氏(アニメーション映画監督、三鷹市立アニメーション美術館(三鷹の森ジブリ美術館)館主)・津村節子氏(小説家)の7名が名誉市民となっている。

    詳細はこちら

  • 質問:武者小路実篤について知りたい

    回答:小説家、劇作家。昭和12(1937)年から昭和30(1955)年まで、三鷹市牟礼に住む。昭和26(1951)年文化勲章受章。同年三鷹市初の名誉市民となる。

    詳細はこちら

  • 質問:山本有三について知りたい

    回答:劇作家、小説家。昭和11(1936)年から昭和21(1946)年まで三鷹市下連雀に住む。昭和33(1958)年、三鷹市名誉市民となる。

    詳細はこちら

  • 質問:太宰治について知りたい

    回答:小説家。昭和14(1939)年から昭和23(1948)年まで、三鷹市下連雀に住む。戦後、三鷹駅前に仕事場を持ち執筆活動をする。禅林寺(三鷹市下連雀)に墓がある。

    詳細はこちら

  • 質問:森鴎外について知りたい

    回答:小説家。禅林寺(三鷹市下連雀)に墓がある。元々は墨田区向島の弘福寺に埋葬されていたが、関東大震災で寺が全焼したため、昭和2(1927)年に禅林寺に墓が移された。「森林太郎墓」と刻されている。

    詳細はこちら

  • 質問:田中英光について知りたい

    回答:小説家。昭和10(1935)年、太宰治に弟子入りする。昭和24(1949)年、禅林寺にある太宰の墓前で自殺する。主な著作は『オリンポスの果実』等。

    詳細はこちら

  • 質問:瀬戸内晴美(寂聴)について知りたい

    回答:小説家。昭和26(1951)年から昭和29(1954)年まで、三鷹市下連雀に住む。主な著作は『夏の終り』『かの子撩乱』『寂聴古寺巡礼』等。また「源氏物語」の現代語訳でも知られる。平成18(2006)年、文化勲章受章。

    詳細はこちら

  • 質問:今官一について知りたい

    回答:小説家。昭和17(1942)年から昭和40(1965)年まで、三鷹市上連雀に住む。太宰治の「桜桃忌」は、今官一の命名である。主な著作は『壁の花』『海鴎の章』等。

    詳細はこちら